種苗交換会、コロナ対策で規模縮小へ 今秋、横手で開催

会員向け記事
お気に入りに登録

 JA秋田中央会は27日、10月29日~11月4日に秋田県横手市で開催予定の第143回県種苗交換会について、新型コロナウイルス感染症対策として規模を縮小する考えを明らかにした。農産物の出品展示数を減らすほか、一部イベントの開催を見送る方向。来場者の入場制限も検討している。横手市などと協議し、詳細を詰める。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 446 文字 / 残り 293 文字)

秋田の最新ニュース