時代を語る・鷲澤幸治(3)船川水産進学を断念

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
桧木内川堤から望む小倉山=仙北市角館町
桧木内川堤から望む小倉山=仙北市角館町

 幼い頃、仏壇のお供え用にと親類が持ってきたダリアと出会い、すぐに気に入った俺。小学校の登下校の時も、近所の畑を占領するように咲くダリアを見て目を奪われ、足を止めて眺めていたのを覚えている。

 春夏秋はダリアをはじめ植物に親しむ一方、冬は放課後のスキーが楽しみだった。毎日、角館の小倉山とかでスキーで遊んだな。それしか、やることがなかったから。でも家が貧しいから、いいスキー板は買ってもらえなかった。金持ちの子はグラスファイバー製とか最新のスキー板を持っていて、うらやましかったなあ。うちは木の単板の安いスキー板。まあ、スキー板自体買ってもらえない子もいたから、持っているだけで満足しなくてはならなかったのかもしれないな。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 741 文字 / 残り 431 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース