静かな夜、竿燈のおはやし恋し 保戸野鉄砲町竿燈会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
保戸野鉄砲町竿燈会の佐々木さん(左)と中村さん
保戸野鉄砲町竿燈会の佐々木さん(左)と中村さん

 「7月っていう感覚がまだない」。保戸野鉄砲町竿燈会の代表佐々木広太さん(35)は言う。

 毎年7月に入ると、保戸野鉄砲町竿燈会は雨が降らない限り午後7時から毎日、練習を行う。佐々木さんは15年ほど前から一度も休んでいない。

 2歳から竿燈まつりに参加。小さい頃から、竿燈会の先輩たちは父親のような存在だった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 687 文字 / 残り 534 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース