横手の宝、「んめ」ものを救え! 県がギフトセット販売事業

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
プロジェクトのパンフレットを手にするアクアス従業員
プロジェクトのパンフレットを手にするアクアス従業員

 秋田県平鹿地域振興局は、横手市の特産品を詰め合わせたギフトセットの販売事業を行っている。新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた食品・土産物製造業や農家を支援する狙い。「横手の宝!私たちの『んめ』ものを救え!プロジェクト」と銘打ち、24種類の商品を用意した。注文受け付けは9月30日まで。

 あきたこまちと市内納豆製造販売会社の高級納豆の詰め合わせをはじめ、十文字中華そばなど数種類の乾麺セット、ぶどうジュースとりんごジュースの両方が味わえるセット、ボロニアソーセージ10本の詰め合わせ、横手やきそばを食べ比べできるセットもある。価格は2千~1万円。順次商品を増やす予定だ。

 詳細はウェブ(https://yokote.love/)で確認できる。送料無料。電話、ファクス、ウェブで注文を受け付ける。アクアスTEL0182・33・9811(平日午前10時~午後5時)

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 614 文字 / 残り 233 文字)

秋田の最新ニュース