病院ホールに大若、今年も 秋田大学竿燈会・麻生さん

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田大学医学部付属病院のホールに飾られた大若
秋田大学医学部付属病院のホールに飾られた大若

 秋田大学医学部付属病院の玄関を入ってすぐのホールに、1本の竿燈が飾られている。

 いつもの年と同じように病院から依頼を受け、秋田大学竿燈会が7月に設置した。竿燈まつりの直前に、病院の駐車場で竿燈を披露するのも毎年の恒例だが、ことしは中止に。「長い間入院している人やまつりに行けない患者さんが、目の前で演技とおはやしを見て喜んでくれる。状況が許すのであれば、披露したかった」と代表の麻生厚司さん(52)は言う。

 秋田大学竿燈会には学生も所属するが、9割は教職員。麻生さん自身も大学の事務職員だ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 676 文字 / 残り 430 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース