後進に道、揺れる決意 下米町一丁目竿燈会代表・相馬さん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
竿燈まつりの屋台に使う資材が詰まった倉庫の前に立つ相馬さん=15日、秋田市新屋松美ガ丘南町の「相馬看板」
竿燈まつりの屋台に使う資材が詰まった倉庫の前に立つ相馬さん=15日、秋田市新屋松美ガ丘南町の「相馬看板」

 秋田市新屋松美ガ丘南町の相馬孝之さん(52)は、8年間務めてきた下米町一丁目竿燈会の代表をことしで降りるつもりだった。

 相馬さんが経営する会社の倉庫には、鉄骨の柱や電飾看板、ちょうちんなどがびっしり詰まっている。昨年の秋田竿燈まつりを彩った屋台の装飾品だ。

(全文 1223 文字 / 残り 1094 文字)