大館出身・大丸さん開発参加 火星探査車打ち上げ成功

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
NASAの仲間と写真に納まる大丸さん(中央)=2019年5月(大丸さんの家族提供)
NASAの仲間と写真に納まる大丸さん(中央)=2019年5月(大丸さんの家族提供)

 米航空宇宙局(NASA)は30日、火星の土壌を採取して生命の痕跡を探す探査車「パーシビアランス」をフロリダ州のケープカナベラル空軍基地からアトラス5ロケットで打ち上げた。パーシビアランスの開発には、秋田県大館市出身でNASAジェット推進研究所のエンジニア大丸拓郎さん(31)が携わった。地元の家族や友人、恩師からは快挙を喜ぶ声が上がった。

 「打ち上げがユーチューブで公開されるから楽しみにして」。日本時間の30日朝、大丸さんはビデオ会議システムで母ふさ子さん(60)に話した。夜の打ち上げ成功を見届けたふさ子さんは「いいサンプルを採取できるかが拓郎の気掛かりな部分。想定通りに進んでほしい」と息子の心境を思いやった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1137 文字 / 残り 828 文字)

秋田の最新ニュース