菅氏、次の首相候補に再浮上 政権安定回復に躍起

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 菅義偉官房長官が、新型コロナウイルス対応を巡り政権の安定を取り戻そうと躍起だ。30日には、麻生太郎副総理兼財務相が唱える今秋の衆院解散・総選挙の可能性を否定し、コロナ対応を重視する姿勢を強調。感染収束が見通せない中「政局優先」との批判をかわす狙いがある。自民党内で「ポスト安倍」候補として再浮上してきた菅氏。ただ、安倍晋三首相が握る解散権への言及には「出しゃばりすぎだ」との批判もある。

 「首相の専権事項だから私が申し上げるべきではないが、コロナ問題がこのような状況では、なかなか難しいのではないか」。30日のTBSのCS番組収録で、今秋解散の可能性を問われた菅氏はこう発言した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 909 文字 / 残り 618 文字)

秋田の最新ニュース