アマビエ、木のぬくもり 秋田木楽舎

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県鹿角市の組木細工製作「秋田木楽舎」(奈良吉秋代表)は今月から、疫病をはらうとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」をかたどった商品の販売を始めた。

 新型コロナウイルス感染拡大により市内を訪れる観光客が減少し、売り上げも落ち込んだ。そこで窮状を打破しようと新商品を考えた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 355 文字 / 残り 219 文字)

秋田の最新ニュース