県内2空港発着のお盆予約状況 前年比7割減、コロナ影響

お気に入りに登録

 航空各社は31日、お盆期間(8月7~16日)の秋田県内2空港発着便の予約状況を発表した。秋田空港は全日本空輸便で前年同期比75・0%減の6739人、日本航空便で74・8%減の4252人といずれも低迷。大館能代空港の全日空便(羽田線のみ)は67・3%減の1757人だった。

 各社は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で利用を控える動きが広がっているとみている。

(全文 384 文字 / 残り 205 文字)