三浦春馬さん追悼サイト開設 所属事務所が報告「大切にお預かりさせていただきます」【メッセージ全文掲載】

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
三浦春馬さん (C)ORICON NewS inc.
三浦春馬さん (C)ORICON NewS inc.

 18日に亡くなった俳優・三浦春馬さん(享年30)の所属事務所・アミューズは7月31日、公式サイトを通じて、三浦さんへのメッセージを受け付ける追悼サイト(https://sp.amuse.co.jp/hm/)を開設したことを報告した。

【写真】これまでの写真がたくさん…三浦春馬さん追悼サイト

 事務所HPでは「三浦春馬へたくさんの愛のつまった温かいメッセージをいただき、これまでのご支援も含めまして改めて感謝申し上げます」と伝え「先日発表させていただきましたように、お別れの会を設けさせていただくまでの間、皆さまからのメッセージを先んじてお預かりさせていただくための追悼サイトを立ち上げましたので、お知らせさせていただきます」と報告。

 「お送りいただいたメッセージは予定しておりますお別れの会が執り行われるまでの間、大切にお預かりさせていただきます」とした。

 最後は「改めまして皆さまへのお願いがございます。自宅住所およびご実家、弊社への訪問や献花はお控えいただき、追悼の想いはサイトへお送りいただきますよう、改めましてお願い申し上げます」と呼びかけ「また、一部マスコミによる行き過ぎた報道、ご親族への執拗な取材行為、憶測による記事掲載が見受けられますが、故人とご親族のお気持ちにご配慮いただき、くれぐれもお控えいただきますよう改めてお願い申し上げます」と記した。

 追悼サイトでも「株式会社アミューズ /三浦春馬スタッフ」としてメッセージを掲載。「私たちが初めて出会った頃の彼は、話していても目すら見ることができないくらいシャイで、透き通った端正な顔立ちに綺麗な目が印象的な少年でした」。

 「その少年は関わる作品にとにかく真摯に、そして全力で取り組み、日本のエンターテインメント業界を代表する立派なアーティストの一人となり、応援してくださる皆様、そして我々スタッフにも大きな感動や希望を与えてくれました。彼の輝かしい軌跡と屈託のない笑顔は、これから先も永遠に記憶に刻まれ、残り続けると信じています」とつづられている。

■追悼サイト全文
いつも三浦春馬を応援してくださりありがとうございます。

私たちが初めて出会った頃の彼は、話していても目すら見ることができないくらいシャイで、透き通った端正な顔立ちに綺麗な目が印象的な少年でした。
その少年は関わる作品にとにかく真摯に、そして全力で取り組み、日本のエンターテインメント業界を代表する立派なアーティストの一人となり、応援してくださる皆様、そして我々スタッフにも大きな感動や希望を与えてくれました。
彼の輝かしい軌跡と屈託のない笑顔は、これから先も永遠に記憶に刻まれ、残り続けると信じています。

この追悼サイトは、応援してくださる皆様からの言葉や想いをいつでも届けていただける場所です。
是非この場にて皆様の想いをお伝えください。

お送りいただいたメッセージは予定しておりますお別れの会が執り行われるまでの間、大切にお預かりさせていただきます。

株式会社アミューズ / 三浦春馬スタッフ

 三浦さんにおいては、出演するNHK総合『世界はほしいモノにあふれてる』(毎週木曜 後10:30~11:15)の新作が、きのう30日と来月20日、27日に放送。また、TBS系ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(火曜 後10:00)は代役は立てず、三浦さんが撮影に参加していた部分をそのまま生かし、4話完結で9月15日にスタートする。