カッパやウサギも参加希望!? 三種、4日に住民交流会

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ちんどん屋に扮し、買い物客にイベントをPRするメンバーたち
ちんどん屋に扮し、買い物客にイベントをPRするメンバーたち

 移住促進や関係人口づくりに取り組む秋田県三種町の任意団体「コミュニティウィーバーズなんとすみたね」(山本智代表)は4日、同町鵜川の寺「鳳来院」で住民が集い、自由に語り合う交流イベント「いるば・かたるば」を初めて開く。30日には、メンバーがちんどん屋に扮(ふん)してチラシを配りPRした。

 住民が日頃思っていることを話し合える場をつくり、参加者同士や地域のつながりを深めてもらおうと企画した。今後、定期的に開く。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 497 文字 / 残り 291 文字)

秋田の最新ニュース