地方点描:上客の不遇[本荘支局]

お気に入りに登録

 由利本荘市を走る第三セクター鉄道・鳥海山ろく線で近年、高校生の通学利用が減っている。取材で知ったのは、定期券代金の負担が大きいこと。長く乗客の60~70%を占めてきた“上客”なのに随分と不遇にあると感じた。

 羽後本荘―矢島間23キロの1カ月定期券代は1万8230円。同距離のJRと比べ2・4倍、1万円ほど高い。同じ三セク鉄道の秋田内陸線は沿線2市から助成があり、負担額は抑えられている。だが、由利本荘市に助成制度はない。

(全文 627 文字 / 残り 416 文字)