照ノ富士2敗目、首位変わらず 3敗に朝乃山と両関脇

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
正代(右)に寄り切りで敗れた照ノ富士=両国国技館
正代(右)に寄り切りで敗れた照ノ富士=両国国技館

 大相撲7月場所14日目(1日・両国国技館)単独トップの平幕照ノ富士は関脇正代に寄り切られて12勝2敗となった。ただ一人2敗だった新大関朝乃山が平幕照強に足取りで敗れ、照ノ富士の首位は変わらなかった。正代は11勝目。

 関脇御嶽海は琴恵光をすくい投げで下して11勝目。照ノ富士を1差で追う3敗は朝乃山と両関脇の3人となった。千秋楽で照ノ富士が御嶽海に勝てば、2015年夏場所以来2度目の優勝が決まる。結びで朝乃山と正代が3敗同士で対戦するため、照ノ富士が本割で敗れれば、三つどもえの優勝決定戦となる。

 十両は4敗で旭大星と水戸龍が首位に並んだ。