プロレスラー・ディック東郷さん 海外での転戦記、一冊に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「東郷見聞録~世界一周プロレス放浪記」を出版したディック東郷さん
「東郷見聞録~世界一周プロレス放浪記」を出版したディック東郷さん

 秋田県大館市出身のプロレスラー、ディック東郷さん(50)=本名・佐藤茂樹=が、2011~12年に16カ国で行った海外引退ツアーの記録「東郷見聞録~世界一周プロレス放浪記」(彩図社)を出版した。海外レスラーとの戦いと共に、各国の文化や国民性にも触れた。「日本の常識ではあり得ないことが起こるのが海外の旅。今は新型コロナウイルスの影響で行けなくても、旅の面白さをこの本から感じてもらえたらうれしい」と語る。

 十和田高を卒業後、静岡県の製紙工場に就職。しかし、小学生の頃から憧れたプロレスラーを目指して退社し、ユニバーサル・プロレスリングに入門した。1991年に「厳鉄魁(がんてつさきがけ)」のリングネームでデビューし、その後は世界最大のプロレス団体・米WWF(現WWE)などで活躍。2016年に現役復帰を果たし、現在はみちのくプロレスに所属する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 923 文字 / 残り 551 文字)

同じジャンルのニュース