カヌー・小野祐佳選手へ五輪出場願い千羽鶴 地元後援会

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
後援会総会で千羽鶴を受け取る小野選手
後援会総会で千羽鶴を受け取る小野選手

 カヌー女子スプリント競技で東京五輪出場を狙う、秋田県由利本荘市出身の小野祐佳選手(29)=県体協=の地元後援会(片倉幹男会長)が28日、同市北裏地のボートプラザアクアパルで総会を開き、来年3月開催の可能性がある五輪アジア予選で小野選手が出場権を獲得できるよう支援することを確認した。

 後援会役員や競技関係者ら約20人が参加し、小野選手も出席。片倉会長(87)は東京五輪の1年延期に触れ、「戸惑い、苦しかったと思うが、目標に向かって実力に一層磨きをかけてほしい」と激励した。

(全文 590 文字 / 残り 353 文字)