仕事のゲンバ:助産師(秋田市) 母子支援の心強い味方

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「元気いっぱいですね」と笑顔で凪ちゃんに語り掛ける佐藤さん(左)
「元気いっぱいですね」と笑顔で凪ちゃんに語り掛ける佐藤さん(左)

 7月のある日、助産師・佐藤由紀さん(57)の姿は、秋田市土崎港にあった。4月に長女凪(なぎ)ちゃんを出産したばかりの須田明香さん(36)=美容師、育児休暇中=の自宅を訪れるためだ。4世代7人家族が同居する昔ながらの日本家屋。2階の洋室へと案内された。ここが今日の仕事場だ。

 明香さんとはこの日が初対面。「新型コロナの時期のお産で大変だったでしょう。お母さんも凪ちゃんもよく頑張りましたねえ」。開口一番、おっとりした口調でそう話すと場の空気がふっと緩んだ。

(全文 2417 文字 / 残り 2189 文字)

この連載企画の記事一覧