気温上昇、秋田県内17地点で真夏日 熱中症など搬送相次ぐ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
家族連れらが涼を得ようと訪れた藤里町藤琴の峨瓏大滝
家族連れらが涼を得ようと訪れた藤里町藤琴の峨瓏大滝

 秋田県内は2日、上空が高気圧に覆われ、南から暖かい空気が流れ込んだ影響で気温が上がり、全26観測地点のうち17地点で最高気温が30度以上の真夏日となった。熱中症や熱中症とみられる症状で救急搬送される人が相次いだ。

 秋田地方気象台によると、各地の最高気温は大館市31・7度、横手市31・6度、仙北市角館31・5度など。

(全文 483 文字 / 残り 324 文字)