マツコMC“時代特番”最新作は女子高生「VTRサービスしすぎ。もったいないって」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
3日放送『角川春樹が薬師丸ひろ子に機関銃を乱射させた時代…とマツコ』よりマツコ・デラックス (C)日本テレビ
3日放送『角川春樹が薬師丸ひろ子に機関銃を乱射させた時代…とマツコ』よりマツコ・デラックス (C)日本テレビ

 タレントのマツコ・デラックスが、さまざまな時代を探求していく日本テレビ系のバラエティー特番の第4弾『角川春樹が薬師丸ひろ子に機関銃を乱射させた時代…とマツコ』が、3日に放送される(後11:59~深0:54)。

【番組カット】友近、土田晃之とともに“女子高生が最も輝いていた時代”を語るマツコ

 番組では、世の中の森羅万象、さまざまなモノのピークを時代変遷トークとともに探っていく「時代のピーク決定バラエティー」。「あるモノ」が最も妖しい輝きを放っていた時代をマツコ、ゲストともに、ディープに振り返っていく。

 第1弾『仲村トオルが地井武男にワッパを掛けられた時代…とマツコ』では「不良が最も輝く時代」、第2弾『かたせ梨乃が進駐軍の前で踊り狂った時代…とマツコ』では「風俗が最も輝く時代」、そして第3弾『教師役の陣内孝則推定家賃70万の一軒家でひとり暮らしをしていた時代…とマツコ』では、「日本経済が最も浮き世離れし、日本人が浮き足立っていたバブル時代」を探求していった。

 待望の第4弾のテーマは“女子高生が最も輝いていた時代”。今日、JK(女子高生)が過去に比べて話題にならない理由には“少子化問題”が関係するのかもしれない。人数が少ないことで女子高生を各業界が取り上げる事が目減りしてしまった。しかし、ほんの一昔前までは…女子高生は“コギャル”と呼ばれ、日本経済をも動かす存在として圧倒的なパワーを爆発させていた。

 それを踏まえ今回は、女子校の起源…、セーラー服のルーツ…、制服の多様化…、コギャル文化…、ルーズソックスのルーツなどの要素を盛り込み、“女子高生が最も輝いていた時代”をゲストの土田晃之、友近、女子高生に精通した有識者らと多角的にひも解いていく。

 今回の第4弾にマツコは「VTRサービスしすぎ。出し惜しみしていこう。もったいないって」と語っている。また、1980年代に女子高生を中心に人気の高かった芸能界最強の男Cを紹介。Cとは一体誰なのか。

 その時代の輝きを的確に紹介したVTRと、マツコらの鋭い考察によって、放送されるたびに大きな話題となり、第2弾の『かたせ梨乃~~』は、2018年10月度のギャラクシー賞月間賞を受賞するなど評価も高い本シリーズ。今回もどのような放送となるか、期待したい。

オリコンニュース