WEB独自:あのメドベージェワ選手がほれ込んだ! 秋田ゆかりのフェルト作家の超絶技巧

お気に入りに登録
アトリエには鈴木さんの人形を手に笑顔を見せるメドベージェワ選手の写真が飾られている
アトリエには鈴木さんの人形を手に笑顔を見せるメドベージェワ選手の写真が飾られている

「羊毛フェルト」をご存じですか?
羊の毛を専用の針で突いて、突いて、突きまくる…と、毛が絡み合ってフェルト状態になる、そんな性質を生かして人形やブローチなどを作る手芸です。
身近な100円ショップでも材料が入手できるほどお手軽な「羊毛フェルト」の世界で…見つけちゃいました、超リアルな人形を作る秋田ゆかりの名人を!
あのフィギュアスケートのメドベージェワ選手(ロシア)もその人の作る作品の大ファンだとか。
それではいざ、名人のアトリエへ!
羊毛フェルトの奥深~い世界をのぞいてきました。

■メドベージェワ選手がネットで称賛

超絶リアルな羊毛フェルト作家のお名前は鈴木由美子さん(61)。
秋田市出身で現在は東京都内に住んでいます。
秋田の実家と都内の自宅にそれぞれアトリエがあり、双方を行き来しながら制作活動をしています。

秋田市のアトリエにお邪魔すると、メドベージェワ選手とフレンチブルドッグの2ショット写真が目に飛び込んできました。
このかわいらしいフレンチブルドッグ、本物のように見えますが、実は鈴木さんが作った羊毛フェルト人形なのです。

2016年にメドベージェワ選手がインターネットで鈴木さんの作品を見つけ、称賛のコメントを寄せたたことをきっかけに交流が始まりました。
鈴木さんは、メドベージェワ選手の愛犬に演技衣装を着せた人形を毎シーズン作り、プレゼントしています。