7月の県内、記録的な日照不足 横手、湯沢などで5割以下に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 長引く梅雨の影響で、秋田県内は記録的な日照不足になっている。横手市や湯沢市など複数の観測地点で、7月の日照時間が平年の5割に満たなかった。梅雨明けはまだ見通せず、県は農作物への影響に注意するよう呼び掛けている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 929 文字 / 残り 823 文字)

秋田の最新ニュース