県北発首都圏、仙台行き高速バス運休 秋北バス、コロナ影響

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋北バス(本社秋田県大館市、小畑保彦社長)は、新型コロナウイルスの感染拡大による需要の低迷を受け、今月下旬から県北と首都圏、仙台をつなぐ高速バスを運休する。

 能代、大館と大宮、池袋をつなぐ夜行「ジュピター号」は24日から運休。土日祝日に大館、鹿角と仙台を結ぶ「大館・仙台線」は22日から運休する。再開時期は未定。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 240 文字 / 残り 83 文字)

秋田の最新ニュース