TikTok買収不成立なら禁止 期限は9月、米大統領が交渉容認

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「TikTok」(左)と「北京字節跳動科技(バイトダンス)」のロゴ(ロイター=共同)
「TikTok」(左)と「北京字節跳動科技(バイトダンス)」のロゴ(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は3日、中国企業が運営する動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」に関し、米マイクロソフト(MS)などによる米国事業買収が成立しなければ、9月15日に国内での事業を禁止すると表明した。

 トランプ氏は7月31日、米国内での事業を禁じると表明し、米企業による買収も支持しない方針を示していたが、交渉容認に転じた。明確に期限を区切り、強硬策をちらつかせて米国にとって有利な買収内容にする狙いとみられる。

 トランプ氏は「MSであろうが別の企業だろうが、大きくて安全な米企業が買収するなら構わない」と述べた。