自民、臨時国会の早期召集を拒否 野党、「政権のおごり」と批判

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
会談に臨む自民党の森山国対委員長(右)と立憲民主党の安住国対委員長=4日午後、国会
会談に臨む自民党の森山国対委員長(右)と立憲民主党の安住国対委員長=4日午後、国会

 自民党の森山国対委員長は4日、立憲民主党の安住国対委員長と国会内で会談し、野党が求める臨時国会の早期召集は難しいとの考えを伝えて事実上拒否した。安住氏は安倍政権の「おごりだ」と批判。新型コロナの感染再拡大や政府対応に関し安倍首相の国会での説明を求めた。一方、森山氏は、日本と英国の新たな貿易協定交渉が大筋合意すれば、年内の協定承認に向けて臨時国会を開く可能性を示唆した。

 安住氏はGoToトラベルやお盆の帰省を巡る政府の混乱を例示し、「国民の疑念や不安に答えてほしい」と首相の説明を要求。国民民主党の玉木代表も「立法府が果たすべき課題は山積している」と訴えた。