バレー石川選手がコロナ啓発活動 小中校生向けにガイドブック作成

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナウイルスの感染予防を呼び掛けるポスターを持つ、バレーボール男子日本代表の石川祐希選手=4日(所属事務所提供)
新型コロナウイルスの感染予防を呼び掛けるポスターを持つ、バレーボール男子日本代表の石川祐希選手=4日(所属事務所提供)

 バレーボール男子日本代表のエース、石川祐希選手(ミラノ)が4日、小中高生向けに新型コロナウイルスの感染予防を啓発する活動を始めた。8ページのガイドブックを作成し、競技をする上で注意すべき点を紹介。オンライン記者会見で「感染が怖いからと競技人口が減っていく可能性がある。バレーボールがなくなってほしくないという思いで発信した」と話した。

 「体調に異変を感じたら勇気を持って練習を休む」という基本的なことから「プレー中は手で汗や靴裏を拭かない」など、無意識な行為への注意も呼びかけた。

 ガイドブックは、特設サイトから無料でダウンロードできる。