敵基地攻撃の議論本格化 自民提言受け政府NSC開催

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ミサイル防衛に関する検討チームの提言を安倍首相に手渡す小野寺元防衛相(中央左)=4日午後、首相官邸
ミサイル防衛に関する検討チームの提言を安倍首相に手渡す小野寺元防衛相(中央左)=4日午後、首相官邸

 安倍晋三首相は4日、自民党ミサイル防衛検討チーム座長の小野寺五典元防衛相らと官邸で会い、敵基地攻撃能力の保有を含めた抑止力向上を求める提言を受け取った。首相は「国民の命と平和な暮らしを守り抜く」と表明。その後、記者団に「提言を受け止めて、新しい方向性を打ち出し、速やかに実行していく考えだ」と述べた。政府は国家安全保障会議(NSC)を開き、弾道ミサイルへの対応を巡る議論を本格化させた。9月中に方向性を示す日程を描く。

 提言は「憲法の範囲内で国際法を順守しつつ、専守防衛の考えの下、相手領域内で弾道ミサイルなどを阻止する能力」の必要性を強調した。