17地点で真夏日、5日も気温上昇 熱中症疑いの搬送者も

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県内は4日、南西から暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、各地で気温が上昇した。全26観測地点のうち17地点で最高気温が30度以上の真夏日となり、12地点で今年最高を記録した。熱中症とみられる症状で搬送された人もいた。

 5日も気温は上がるが、一日を通して大気の状態が不安定になるため、雷雨となる所もある見込み。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 325 文字 / 残り 168 文字)

秋田の最新ニュース