仙北・桧木内地区で防災訓練 生徒、避難所の開設担う

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
桧木内中の生徒が避難所開設を担った訓練。避難所の検温など感染症対策も行った
桧木内中の生徒が避難所開設を担った訓練。避難所の検温など感染症対策も行った

 秋田県仙北市西木町の桧木内小、桧木内中と住民組織「ひのき清流会」は4日、同小体育館などで豪雨災害を想定した避難所開設訓練を行った。両校の児童生徒や地域住民ら約100人が参加したほか、市や大曲仙北広域消防本部角館消防署西木分署も協力。新型コロナウイルス感染防止策として検温や消毒、密集防止などの対策も確認した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 570 文字 / 残り 415 文字)

同じジャンルのニュース