秋田旬吟醸、注文殺到でネット予約中止 半日で1万4千本に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
販売予約を中止している秋田県酒類卸の専用サイト
販売予約を中止している秋田県酒類卸の専用サイト

 秋田県内の酒蔵30社統一ラベルの日本酒「秋田旬吟醸2020」の販売予約に、3日午前の受け付け開始から申し込みが殺到し、県酒造協同組合は同日中にインターネットでの予約を中止した。わずか半日でネットでの予約上限1万4千本に達したという。同組合は「想定外の売れ行き。うれしい面もあるが、欲しくても買えていない人には申し訳ない」と話している。

 統一ラベルによる日本酒の販売は、新型コロナウイルスの感染拡大で消費が低迷する日本酒の需要喚起対策の一環。同組合によると、秋田県酒類卸(秋田市)の専用サイトで3日午前9時に受け付けを始めたところ、予約が続々と入った。同日夜には一気に上限に達したという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 625 文字 / 残り 331 文字)

秋田の最新ニュース