大阪知事発表でうがい薬高値転売 メルカリやペイペイフリマなどで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
うがい薬などが売り切れ、空になった薬局の棚=4日、大阪・心斎橋
うがい薬などが売り切れ、空になった薬局の棚=4日、大阪・心斎橋

 大阪府知事らが新型コロナウイルスの感染防止策として、うがい薬の使用を呼びかけたことを受け、関連商品がフリーマーケットアプリ「メルカリ」などで高値で転売されていることが5日分かった。中には、無許可での販売が法律で禁止されている、医薬品に該当する商品もあるとみられ、運営会社が出品を削除している。

 吉村洋文知事らは4日の記者会見で、市販うがい薬を使った人の唾液を検査すると、使わない人より陰性が多い傾向があったと発表。その後、メルカリや「ペイペイフリマ」などでうがい薬の出品が相次いだ。通常の価格より数倍高く販売されているケースもあった。