香港民主派の周庭氏に有罪 昨年の警察本部包囲デモで

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
5日、香港・九竜地区の裁判所で、判決後に記者会見する民主活動家の周庭氏(共同)
5日、香港・九竜地区の裁判所で、判決後に記者会見する民主活動家の周庭氏(共同)

 【香港共同】昨年6月に香港政府の「逃亡犯条例」改正案に反対し、警察本部包囲デモに参加したとして、無許可集会参加などの罪に問われた民主活動家、周庭氏の公判が5日、香港・九竜地区の裁判所で開かれ、有罪判決が言い渡された。量刑は12月1日以降に宣告される。周氏は2014年の香港大規模民主化デモ「雨傘運動」を主導した学生団体元幹部。

 周氏は裁判終了後、記者会見し「(量刑で)収監されることになるのかどうかは分からない。香港国家安全維持法(国安法)による恐怖感に負けず、香港の自由と民主主義のために闘っていく」と語った。