ヤクルトの球団職員が陽性 選手やファンと接触なし

お気に入りに登録

 プロ野球ヤクルトは5日、営業部門に所属する派遣職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。監督、コーチ、選手らチーム関係者や球場を訪れたファンとの接触はなかった。チームは今後も予定通り活動を続ける。

 球団によると職員は1日に発熱し、味覚と嗅覚に異常が出た。2日は自宅で待機し、3日に病院でPCR検査を受けて翌4日に陽性が判明した。