地方点描:辛抱[能代支局]

会員向け記事
お気に入りに登録

 能代市の七夕行事・役七夕(毎年8月6、7日)ではやしを奏でる能代七夕正流会会長の佐々木芳十三(よしとみ)さん(71)=同市大町=は、春から途方に暮れていた。コロナ禍ではやしを披露する場がなくなったからだ。半世紀近い会の歴史で初めてだった。

 快速「リゾートしらかみ」を出迎えるJR能代駅でのアトラクション、結婚式の余興、市内で予定していた東京五輪聖火リレーの出発式での出ばやし―。出演予定は全て立ち消え、毎年恒例だった介護施設への出張演奏も自重した。追い打ちを掛けるように、役七夕が戦時中以来の中止になった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 650 文字 / 残り 396 文字)

秋田の最新ニュース