男鹿市長、ごみ袋の品不足陳謝 「数量確保に全力」

お気に入りに登録

 男鹿市臨時議会が5日、開かれた。20年度一般会計補正予算案、財産取得案2件を可決、19年度の男鹿みなと市民病院事業会計と市上水道・ガス・下水道・集落排水事業会計の各決算認定案を決算特別委員会に付託し、閉会した。

 行政報告で菅原広二市長は、7月に始まった家庭系ごみ処理有料化に関し、新ごみ袋が品不足になっているとして「市民に迷惑と不便をかけ深くおわびする。安定的な数量確保に全力で努める」と述べた。

(全文 574 文字 / 残り 375 文字)

同じジャンルのニュース