少女2人が川に流され不明、宮城 柴田町の白石川

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中学1年の少女2人が流された白石川に集まる消防隊員と警察官ら=6日午後3時57分、宮城県柴田町
中学1年の少女2人が流された白石川に集まる消防隊員と警察官ら=6日午後3時57分、宮城県柴田町

 6日午後1時20分ごろ、宮城県柴田町下名生の白石川で、川遊びをしていた町内の中学1年の少女2人が流され行方不明になったと119番があった。県警や地元消防によると、一緒にいた同級生の少女3人も一時流されたが、自力で岸に上がり無事だった。警察官と消防隊員が2人の行方を捜索している。

 柴田町教育委員会の話では、町内の中学校は6日は臨時休校で、7日が終業式の予定だった。

 気象庁によると、現場に近い亘理町にある観測所の午後1時15分ごろの気温は29・0度だった。

 現場はJR槻木駅の南約1・3キロの、白石川が本流の阿武隈川に合流する地点近く。