貸し切り列車でお得な由利鉄の旅を 料金75%引きサービス

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
羽後本荘駅を出発した貸し切り列車で乾杯する参加者
羽後本荘駅を出発した貸し切り列車で乾杯する参加者

 秋田県由利本荘市の鳥海山ろく線(羽後本荘―矢島間23キロ)を運営する第三セクター・由利高原鉄道は、県や市の補助を受け、通常料金の25%の料金で車両1両を貸し切りで利用できるサービスを実施している。2日には、同市本田仲町の居酒屋「マナイタ」が車両を借り、乗客に酒と料理を提供する「マナイタ列車」が運行された。その車内をのぞいてみた。

 この日は矢島での酒蔵見学を含め、約3時間半の行程。片道の乗車時間は約40分だ。午後1時、市内外から参加した乗客約20人を乗せ、列車は羽後本荘駅を出発。市街地を抜け、田園地帯へと向かった。

(全文 947 文字 / 残り 687 文字)