新型コロナ、JR秋田バスケ部で県内初のクラスター 部員ら発熱【動画】

お気に入りに登録

記者会見の動画はこちらから。

※写真クリックで拡大表示します

 秋田県と秋田市は7日、同市を拠点に活動するJR東日本秋田バスケットボール部「ペッカーズ」の部員と家族計8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内で初めてのクラスター(感染者集団)発生と認定した。県内の感染者の累計は26人になった。

 市によると、感染したのは20代の部員5人と30代の部員1人、部員の妻2人。7月31日以降、全員に発熱があったほか、せきや味覚、嗅覚障害などの症状があった。8月6日に帰国者接触者外来を受診し、7日に市保健所のPCR検査で陽性が判明した。

 感染症患者との接触や発症2週間前以内の海外渡航歴はない。現段階では感染経路は不明。詳細な行動歴は明らかになっていないが、8月1日に能代工業高校との練習試合を行ったと説明。生徒は寮と下宿で待機している。

 8人は重症ではなく、順次県内の感染症指定医療機関に入院する。他の部員は自宅待機となり、練習拠点の体育施設・秋田ノーザンゲートスクエアは閉鎖された。

 県庁で会見した佐竹知事は「早急に接触範囲などを把握し、市やJRと連携して必要な対応を取っていく」と述べた。

 午後3時からJR秋田支社が県庁で会見する。