新たに2人の感染確認 バスケ関係、計10人に 新型コロナ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県と秋田市は7日夕、新たな新型コロナウイルス感染者2人を確認したと発表した。内訳は能代保健所管内の地方公務員(30代男性)と、JR東日本秋田支社バスケットボール部員(20代男性)。地方公務員は、2日に行われたバスケの試合で審判員として同支社バスケ部員と接触している。

 この日、県内で確認された感染者は計10人。県内の累計は28人になった。