市役所内でパソコン盗むなど 秋田市、職員2人を懲戒処分

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市教育委員会は7日、市役所内でノートパソコンを盗んだとして窃盗罪で起訴されるなどした市教委学事課の男性主事(30)を懲戒免職処分とした。また、秋田市は同日、酒気帯び運転の疑いで摘発された企業立地雇用課の男性主任(33)を停職1年の懲戒処分とした。

 男性主事は昨年12月、当時勤務していた市情報統計課のメンテナンス室からノートパソコン1台(時価約38万円相当)を盗んだとして、先月30日に在宅起訴された。

 市企業立地雇用課の男性主任は6月5日午前2時50分ごろ、秋田市保戸野原の町で酒気を帯びて車を運転したとして、秋田中央署に摘発された。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 686 文字 / 残り 415 文字)

秋田の最新ニュース