ボクシング、リナレス選手が感染 帝拳ジムの元世界王者

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
再起戦を勝利で飾った元世界3階級王者のホルヘ・リナレス=2019年9月、後楽園ホール
再起戦を勝利で飾った元世界3階級王者のホルヘ・リナレス=2019年9月、後楽園ホール

 ボクシングの帝拳ジムは7日、同ジム所属で世界3階級制覇の実績があるホルヘ・リナレス選手(34)=ベネズエラ=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。今月28日の米国での試合に備えてPCR検査を受け、6日に陽性が判明した。帝拳ジムは保健所、医師の指示があるまで休館する。

 リナレスは無症状で元気だが、医師から10日間の静養を言い渡され、その後再検査を受ける。濃厚接触者の指定に関しては保健所の指示を待っている段階。帝拳ジムには世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太らが所属している。

同じジャンルのニュース