発熱確認後も試合、JR秋田バスケ部 コロナ疑わず

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナウイルス感染者の発生について会見するJR秋田支社の酒井総務部長=7日午後、県庁
新型コロナウイルス感染者の発生について会見するJR秋田支社の酒井総務部長=7日午後、県庁

 秋田県内初のクラスター(感染者集団)となったJR東日本秋田バスケットボール部ペッカーズ。発熱の症状のある選手が複数いるのを確認しながら、能代工業高校、四国の社会人チームと相次いで練習試合を行っていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1485 文字 / 残り 1384 文字)

秋田の最新ニュース