クマとみられる食害続発 鹿角市、身を守る対応呼び掛け

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
畑に散乱する防除用の紙や食い荒らされたナシ=6日午後0時20分ごろ、鹿角市十和田
畑に散乱する防除用の紙や食い荒らされたナシ=6日午後0時20分ごろ、鹿角市十和田

 秋田県鹿角市でクマによるものとみられる農産物の食害が続発している。鹿角署のまとめ(8月6日現在)では前年同期比4件増の11件。全県17件の6割超を占める。今年は住宅近くでもクマの目撃情報が相次いでおり、市は「街場でもクマは出る。家庭菜園の作物の早期収穫や電気柵の設置、複数人での作業など自らの身を守る対応をとってほしい」と呼び掛けている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 941 文字 / 残り 771 文字)

秋田の最新ニュース