竿燈中止、悔しさ募るばかり 秋田市竿燈会・鈴木文明会長

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
この4カ月を振り返る鈴木会長
この4カ月を振り返る鈴木会長

 例年であれば秋田竿燈まつりを締めくくる「御幣流し」が行われる7日、戦後初めての竿燈のない夏は、公式行事のないまま静かに終わった。秋田市竿燈会の鈴木文明会長(70)は、74ある竿燈会の束ね役として中止決定後の4カ月を忙しく駆け抜けた。

 5歳の頃から上米町一丁目竿燈会の一員として竿燈まつりに参加。サラリーマン生活の傍ら、差し手として長年演技した。

 2001年に秋田市竿燈会の役員となり、昨年4月、会長に就任。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 711 文字 / 残り 507 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース