五輪の桜「来年こそは」、札幌 雪で開花遅らせ披露

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
札幌駅近くの地下街に展示されたオブジェで咲く、雪中保存で開花を遅らせた桜=8日午前(魚眼レンズ使用)
札幌駅近くの地下街に展示されたオブジェで咲く、雪中保存で開花を遅らせた桜=8日午前(魚眼レンズ使用)

 東京五輪マラソン・競歩会場の札幌市で8日、雪で保存して開花を遅らせた桜を使ったオブジェの展示が始まった。今夏に選手をもてなそうと準備し、延期決定で行き場を失ったが「捨てるのはもったいない」とお披露目した。来夏用に改めて桜を集め直す予定で、関係者は「来年こそは」と気を取り直している。

 自治体や企業関係者などによる「北海道雪氷桜プロジェクト」。各地から剪定などで不要になったつぼみ付きの枝をもらい受け、雪で保存して五輪直前に取り出し、東京に送って満開にする予定だった。

 昨年、マラソンと競歩の札幌開催が決まり、同市で飾ることにしたが、五輪は延期に。