八村塁23得点もPO進めず NBA、渡辺は初出場

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ペリカンズ戦で、ドリブルで攻め込むウィザーズの八村(右)=オーランド近郊(AP=共同)
ペリカンズ戦で、ドリブルで攻め込むウィザーズの八村(右)=オーランド近郊(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBAは7日、フロリダ州オーランド近郊で行われ、ウィザーズの八村塁はペリカンズ戦で37分30秒出場し、23得点、6リバウンドだった。チームは107―118で敗れて再開後5連敗となり、プレーオフ進出の可能性が消滅した。

 既に東カンファレンス9位が確定していたウィザーズは、残り3試合を全勝しても8位との差が4ゲーム以内とならないため、プレーオフ進出決定戦に進めなくなった。

 グリズリーズの渡辺雄太はサンダー戦で再開後初出場し、3分34秒のプレーで4得点、1リバウンド。チームは121―92で勝ち、再開5試合目で初白星。