来春は「そば打ち」楽しめるよ 道の駅うごが増築計画

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
そば打ち体験スペースなどの増築が計画されている道の駅うご
そば打ち体験スペースなどの増築が計画されている道の駅うご

 秋田県羽後町は「道の駅うご 端縫いの郷(さと)」を増築し、地元特産のそばを打って味わえる体験スペースの新設を計画している。物販スペースも拡充し、地元産品を豊富にそろえて誘客増を目指す。

 道の駅うごは2016年に開業。名物の冷やがけそばや地元産青果などが人気を集める。19年度の年間来場者数は76万7471人と、当初想定の25万人を大幅に上回り、物販スペースなども含め手狭になっていた。名物のそばを通じ、体験型の観光も楽しめる拠点にしようと、増築に踏み切ることにした。

(全文 702 文字 / 残り 467 文字)