時代を語る・鷲澤幸治(14)全国の球根買い集め

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
現在のダリア園。見頃はもう少し先。開園時は荒れ地の整備に苦労した=秋田市雄和
現在のダリア園。見頃はもう少し先。開園時は荒れ地の整備に苦労した=秋田市雄和

 観光ダリア園のために雄和町(当時)から借りた土地は、石ころだらけでかなり荒れていた。秋田空港が近くてバックに山があるという好条件の一方で、整備するとなると相当頑張らなくちゃいけないな。すぐにそう思ったよ。「まあ、やらせてもらえるだけ幸せじゃないか」と、つぶやいたもんだ。

 だって自信があったから。ダリアの栽培技術は10年間の同好会活動で、会長から盗んだり研究したりしてだいぶ身に付けていた。あとは土地と球根と資材さえあればできるんだもの。その球根と資材を買うために「秋田船川水先区水先人会」の退職金と貯金は、全額はたくことになったわけだがね。でも、元々その覚悟で始めたことだから、ためらいはなかった。

(全文 736 文字 / 残り 435 文字)

この連載企画の記事一覧