大雨の峠は越えたが…土砂災害や増水に警戒を 県内

お気に入りに登録

 秋田県内は8日夜から9日午前にかけて、前線や低気圧の影響で雨が強まった。秋田地方気象台は9日午前、大雨の峠は越えたものの、夕方にかけて引き続き土砂災害や河川の増水、氾濫に警戒するよう呼び掛けている。

 降り始めの8日午前4時から9日午前11時までの降水量は、仙北市角館110・5ミリ、同市田沢湖高原100・5ミリ、秋田市仁別98・5ミリ、由利本荘市東由利92・5ミリなど。

 気象台によると、夕方にかけて1時間に25ミリの強い雨が降る所がある見通し。10日正午までの24時間に予想される雨量は、多い所で50ミリ。

秋田の最新ニュース