新監督に41歳OBピルロ氏 ユベントス、サリ監督の後任

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2014年4月、リヨン戦でゴールを決め、喜ぶユベントスのピルロ=トリノ(AP=共同)
2014年4月、リヨン戦でゴールを決め、喜ぶユベントスのピルロ=トリノ(AP=共同)

 【ベルリン共同】サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)の強豪ユベントスは8日、元同国代表MFでクラブOBのアンドレア・ピルロ氏(41)が新監督に就任すると発表した。2022年6月までの2年契約。

 ピルロ氏は現役時代に正確なパスを操る司令塔として活躍し、イタリア代表の06年ワールドカップ(W杯)優勝に貢献した。ACミラン(イタリア)で欧州チャンピオンズリーグ(CL)を2度制し、その後にユベントスでもプレーした。

 ユベントスは今季、国内リーグ9連覇を達成したが、欧州CLは決勝トーナメント1回戦敗退。就任1年目だったサリ監督を解任した。