香港選挙延期に懸念表明 米英など5カ国外相

お気に入りに登録

 【ワシントン共同】米国、英国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド5カ国の外相は9日、共同声明を発表し、香港立法会(議会)選挙の延期について「香港の安定と繁栄の根幹である民主的手続きを損なう行為だ」と、深刻な懸念を表明した。中国による香港国家安全維持法(国安法)施行に関しても「香港市民の権利と自由を侵害する」と非難した。

 中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会が、香港選挙の1年延期で生じる議員任期の空白期間の問題などを審議しているのを受け、香港の民主主義を尊重するよう圧力をかける狙いがあるとみられる。